私人

ノーベル賞受賞講演

ジョーゼフ・ブロツキー / 沼野充義

1996年11月30日

群像社

880円(税込)

人文・思想・社会

詩人という現代の孤独な少数者にとって、残された最善の行為は良い詩を書くことであり、その詩の言葉に目を向けず、人びとの口をついて出る決まり文句に水準を合わせる社会は、やすやすとデマゴギーと暴政にひざまずくー。社会という名の多数派が猛威をふるう時代の中で、一人の私人であることを選択しつづけたブロツキイが、詩の言葉を読まない社会にあてて語った繰り返し取り出される遺言。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください