この世界の成り立ちについて

太古の文書を読む

月本昭男

2014年3月20日

ぷねうま舎

2,530円(税込)

人文・思想・社会

はじまりに置かれた「大洪水」の説話とは何だったのか、死と、人々はどのように向き合ってきたのか、一神教の発生に隠された秘密とは何か、“信”が、社会において果たしてきた役割とは何か…。太古の創成神話の回廊をめぐり、豊饒な物語とイメージの地層から、生と死、時間と空間、個と社会ーコスモス生成に隠された秘密を掘り起こす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください