マイク・マリガンとスチーム・ショベル

ヴァージニア・リー・バートン / 石井桃子

1995年2月28日

童話館出版

1,650円(税込)

絵本・児童書・図鑑

メアリ・アンという名前のスチーム・ショベルと、運転士のマイク・マリガンとのお話です。メアリ・アンとマイク・マリガンは、長い間いっしょに仕事をしてきました。りっぱな運河をほったのも、汽車をとおすための線路をきりひらいたのも、飛行場をつくったのも、“マイクとメアリと、それからそのとき、いっしょにはたらいたひとたちでした。”ところが、そのうち、新式のガソリン・ショベルや、新式の電気ショベルなどが発明されて、スチーム・ショベルの仕事をとりあげてしまいます。ある日、マイクは、ポッパビルという町で、市役所をたてる計画があることを知り、メアリとともに、はるばるでかけていきます。そこで、マイクは、“「メアリ・アンは100にんのにんげんが1しゅうかんかかって、やっとほれるくらいのあなを、1にちでほってしまいます。」”といいます。でも、メアリ・アンは、ほんとうにできるかわかりません。町のひとたちは、おおぜい見物にでてきました。はたして…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.8

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください