火の十字架

飛天文庫

森村誠一

1994年12月5日

飛天出版

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

神奈川県警多摩署の川合刑事は、太平洋戦争中、ミッドウェイで友軍機を誤射墜落させていた。自責の念で搭乗員の消息を長年追い続けていたところ、その人物・綾瀬勝治はつい最近、八王子の山あいの休耕田で殺されていることが判明した…。川崎市多摩区で起きた新婚夫婦惨殺事件を担当する川合が奇しくも知り得た綾瀬の過去と墜落機の謎。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください