〔電子〕ロウソクの科学

マイケル・ファラデー

2015年10月24日

マイケル・ファラデー

200円(税込)

人文・思想・社会 / 科学・医学・技術 / ホビー・スポーツ・美術

『ロウソクの科学』(ロウソクのかがく、原題: The Chemical History of a Candle )は、1861年に出版された書籍。イギリスの科学者マイケル・ファラデーが、1860年のクリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した6回分の内容を、ウィリアム・クルックスが編集したもの。 ロウソクを題材に、燃焼時に起こる様々な物理・化学現象を多面的に解説している。 ロウソク: 炎 - その源 - 構造 - 流動性 - 明るさ 炎の明るさ: 燃焼のための空気の必要性 - 水の生成 生成物: 燃焼からの水 - 水の性質 - 化合物 - 水素 ロウソクの中の水素: 燃えて水へ - 水の他の部分 - 酸素 空気の中の酸素: 大気の性質 - その特徴 - ロウソクからの他の生成物 - 炭酸 - その性質 炭素または炭 - 石炭ガス - 呼吸と燃えるロウソクの類似点 - 結論 著者 マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください