〔電子〕接続詞の森

村山亮

2016年6月11日

村山亮

0円(税込)

小説・エッセイ / エンターテインメント

『接続詞の森』 僕は叔母にバタークッキーを届けるため、接続詞の森を歩いていた。そこにキツネが現れて・・・。(掌編小説) 『A Short Story』 僕は友人に勧められて短編小説を書くことにする。しかし題材が見つからない。そんな時ふと迷い込んだ場所であるものを見て・・・。(短編小説) 『白紙の図書館』 その図書館にある本は全て白紙だった。僕は白紙を指でなぞり、そこにある何かを読み取る。真っ白な詩集を読んでいるうち、知らぬ間にその世界に引きずり込まれていく。(掌編小説) 『ある一日』 高校で数学の教師をしている「私」は、人生で最も重要なのは規則性だと考えている。しかしある日見た夢のせいで二十年間続いたルーティーンが崩されてしまう。どうにもならない混乱の中で「私」は何かを垣間見る。(掌編小説) 一編の短編小説と三編の掌編小説を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください