〔電子〕怒りについて 他2篇

岩波文庫

セネカ

2018年4月19日

岩波書店

1,177円(税込)

人文・思想・社会

動乱のローマ帝政初期、皇帝ネローの教育係となったストア派の哲学者セネカ(前4頃ー後65)は、のちにネローの不興を買い、自決せねばならなかった。ストア派の情念論を知るうえで重要な「怒りについて」と、「摂理について」「賢者の恒心について」を収録。白銀期ラテン語の凝集力の強い修辞を駆使した実践倫理の書。新訳。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください