〔電子〕アンブロシア骨董店 呪われし王女/黄金のカメオ

河東ちか

2018年3月12日

株式会社共幻社

275円(税込)

小説・エッセイ

【人と呪いの因果を描く、正統派ダークファンタジー小説】  王国主催の武闘大会に優勝すれば、王宮聖騎士団への入団が許可される。非正規の警備兵である青年リュートは、準決勝までは無類の強さを見せつけるが、決勝戦では人が変わったかのように惨敗を繰り返していた。そんなリュートを「無冠の勇者」と称える者もいれば「肝心なときに弱い小心者」と嘲笑う者もいる。  ある日、遺跡探索の護衛を依頼したいと、骨董店の店主を名乗るカラルという男がリュートの前に現れた。行き先は原因不明の事故や失踪事件が続く魔の海域であったが、王国の正規軍が調査に乗り出しているという話があり、「手柄をあげれば聖騎士団に推薦されるかもしれない」と依頼を受けることにした。  たどり着いた島でリュートが目にしたのは、見るも無残な死体の数々だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください