〔電子〕名字の歴史学

名字の歴史学

奥富敬之

2019年4月11日

講談社

935円(税込)

語学・学習参考書・資格 / 人文・思想・社会 / エンターテインメント

一族の歴史と想いが込められているはずの「名字」は、古代から階層意識、職制、地名、出自などさまざまな要素を取り込みながら陰に陽に使われ続け、明治維新後に公称が義務化されるに至ったものである。氏姓制度、臣籍降下、律令制、源平合戦、惣領と庶子、幼名、通字、偏諱ーー名字の成立過程と変遷を通して日本の歴史を通観し、現代に続く起源を探ってゆく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください