〔電子〕日本哲学の最前線

日本哲学の最前線

山口尚

2021年7月14日

講談社

655円(税込)

人文・思想・社会

國分功一郎、青山拓央、千葉雅也、伊藤亜紗、古田徹也、苫野一徳…… 哲学の最前線の旗手たちが「いま考えていること」がこれ一冊でわかる! 私たちを縛りつける不自由と向き合う、本当の自由のための哲学。  * * * [本書の内容] 第一章 「する」と「される」の外部へーー國分功一郎『中動態の世界』 第二章 二人称のコミュニケーションと無自由の極北ーー青山拓央『時間と自由意志』 第三章 非意味的切断の実践哲学ーー千葉雅也『勉強の哲学』 第四章 身体のローカル・ルールと生成的コミュニケーションーー伊藤亜紗『手の倫理』 第五章 常套句の思考停止に抗うことーー古田徹也『言葉の魂の哲学』 第六章 エゴイズムの乗り越えと愛する意志ーー苫野一徳『愛』

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください