〔電子〕ジキルとハイドと裁判員(3)

ジキルとハイドと裁判員

北原雅紀

2013年8月8日

小学館

605円(税込)

漫画(コミック)

小嶋菜々子という書記官の女性と付き合い始めたジキル。彼は菜々子の文通相手が気になるあまり、後ろめたさを覚えつつも、ハイドを使って彼女のトントンを呼び出してみる。そこで知ったのは、彼女の文通相手は父親で、しかもその父は強盗殺人の罪で松江刑務所で服役しているという事実。だがトントンは同時に、彼が娘に対して自分の無実を訴えている姿をもうつし出し…

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください