〔電子〕ジキルとハイドと裁判員(4)

ジキルとハイドと裁判員

北原雅紀

2013年8月8日

小学館

605円(税込)

漫画(コミック)

ハイドが起こした奇跡なのか?偽証によって菜々子の父に冤罪を着せた紫紋が、裁判員としてジキルの前に現れた。しかも、被告人はその冤罪事件の真犯人、宇佐美。さらには、紫紋が偽証を隠すために殺害したかつての不倫相手が、宇佐美の前妻という偶然。すべての役者が揃ったこの好機に、ジキルは!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください