〔電子〕絶望裁判 平成「凶悪事件&異常犯罪」傍聴ファイル

絶望裁判

中尾幸司

2013年3月29日

小学館

578円(税込)

人文・思想・社会 / ノンフィクション

あなたは彼らにどんな判決を下しますか? 戦慄の犯罪法廷ノンフィクション! 子供を含む7人を抹殺した稀代のシリアルキラーから、魂をも凌辱する連続レイプ魔、女の性が引き起こしたSM刺殺事件まで、陰惨な事件の法廷で明かされた、聞く耳を疑う証言の数々ーーそこに希望はあるのか? 近年、人々の「体感治安」はますます悪化している。しかし、頻繁に起きる凶悪事件・異常犯罪は、発生当初こそマスコミを賑わすものの、時と共に風化し、その全容が解明されるまで報じられない事件も少なくない。著者は、そうした事件を追って全国各地で傍聴取材を敢行、被告や証人たちの驚くべき言動を記録し続けた……。 『週刊ポスト』の好評連載を収録。今後、裁判員制度の対象となる殺人や傷害致死などの過去の重大事案を中心とした全48事件、戦慄の連続傍聴記。 この作品は、分冊版の以下の内容が全て含まれます。 「絶望裁判1 〜自殺サイト・快楽殺人・死体マニア〜」 「絶望裁判2 〜SMプレイ・女通り魔・騒音おばさん〜」 「絶望裁判3 〜連続レイプ・実娘強姦・強制わいせつ犯〜」 「絶望裁判4 〜拉致・リンチ・虐待〜」 「絶望裁判5 〜監禁・偽装・ストーカー〜」

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください