〔電子〕魔法医師の診療記録2

魔法医師の診療記録

手代木正太郎

2015年12月25日

小学館

470円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル

彼女は言ったーー「魔物など、存在しない」。  太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。  それを忘れた人々は、《妖病》と呼ばれる病の患者たちを、魔物と称し、忌み嫌った。  魔法医師の少女・クリミアと、彼女の幼なじみであり重大な妖病を抱えるヴィクターは、その治療法を探して旅を続ける。あるとき立ち寄った街にて、彼らは「もう一人の自分」と会話する少女と出会う。ドッペルゲンガー。魔法医学においてはすでに原因が判明しているはずの病だが、なぜか原因が見つからない。奇妙に思う二人に対し、少女はーー首無しの魔物デュラハンの元から逃げてきたと告げたのだった。  ーー理性を持つ首無しの生物。  長き歴史を誇る魔法医学界にも資料のない現象。では、それは理論では説明のつかない本物の魔物か……? しかしクリミアは、魔物の存在を認めない。自分のために、ヴィクターのために……。  時を同じくしてクリミアとヴィクターの元に、非道な研究で悪名を轟かす魔法医師が現れる。ヴィクターの妖病を知り、解剖したいと迫る彼女だが……。  はたして、デュラハン、そして少女のドッペルゲンガーの正体とは? 魔法医学史上、もっとも稀な事例を取り扱った、第二集。  物語を彩るのは気鋭のイラストレーター・ニリツ! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください