〔電子〕のたり松太郎(10)

のたり松太郎

ちばてつや

2017年12月1日

小学館

605円(税込)

漫画(コミック)

角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック! ▼第1話/復活の松、快調の田中君▼第2話/ガルルッで一敗▼第3話/まずいですよと、供(とも)二人▼第4話/震怒10▼第5話/自信散漫、アッチむいてホイッ▼第6話/ペンペンでドタッ▼第7話/ウッドどっこい、シャフトが折れた▼第8話/U・F・O!! なんちゃって▼第9話/おら、何も酒乱▼第10話/静かなる帰郷▼第11話/息抜きと切り抜き ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の幕下力士。先場所、2度目の幕下優勝を飾る)、田中清(序二段。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/2度目の幕下優勝以来、好調が続く松太郎は、今場所も現在3連勝中。相変わらずの怪力ぶりで、場内をにぎわせている。ケガのため十両から幕下に落ちてきた雷神部屋の元・兄弟子、滝ノ川が目下のライバル(第1話)。▼かつて犬猿の仲だった雷神部屋の兄弟子、滝ノ川とは現在も同じ支度部屋で火花を散らす関係。滝ノ川からの忠告を無視して土俵にあがった松太郎は、今場所初の土を付けられることに(第2話)。  ●本巻のハイライト/3連勝後、あっさり3連敗した松太郎。勝ち越しのかかった大事な一戦は、なんと宿敵・滝ノ川が相手。因縁の対決に、待ったなしの声が!(第6話)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください