〔電子〕のたり松太郎(17)

のたり松太郎

ちばてつや

2017年12月1日

小学館

605円(税込)

漫画(コミック)

角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック! ▼第1話/五郎と一雄▼第2話/オイチョカブ▼第3話/阿久津の過去▼第4話/役不足の好敵手?▼第5話/じいさんの危惧▼第6話/千秋楽(らく)前後▼第7話/オシッコ▼第8話/ぬれた徳俵▼第9話/白い木綿の稽古まわし▼第10話/十両どうし▼第11話/ナンマイダブ▼第12話/ぶつかり稽古▼第13話/松の眼▼第14話/干し餅 ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)。田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)。阿久津五郎(伊勢駒部屋へ入門後、めきめきと頭角をあらわし、ただいま三段目。複雑な家庭事情で育ち、一時ぐれていたことがある)  ●あらすじ/松太郎もなんとか名古屋場所を勝ち越しで締めくくり、久々に部屋でくつろぐ伊勢駒部屋の面々。そこへ、阿久津の「弟」と名乗る、不審な来訪者が!? 阿久津とは似ても似つかぬ顔つきの「弟」に、もしや不良時代のよからぬ仲間が因縁をつけにきたのでは……と、詰め寄る松太郎だが!?(第1話)▼自分の過去には固く口を閉ざす阿久津の事情をさぐるため、松太郎は「西尾のじいさん」と阿久津の兄がいるヤクザ事務所へと出向く。しかし、阿久津の兄の帰りを待つうち、例の悪いクセがでて、ヤクザ相手にオイチョカブをはじめた松太郎たちだが……(第2話)。  ●本巻のハイライト/本巻では、気になる阿久津の過去が明らかに(第3話)。一方、めでたく東京場所で十両昇進を決めた田中。続く大阪場所前の稽古では、松太郎に一歩も引けをとらず、力と技の充実ぶりをみせつける(第10話)。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください