〔電子〕モナ・リザ・ウイルス 下

モナ・リザ・ウイルス

ティボール・ローデ

2018年1月19日

小学館

869円(税込)

ミステリー・サスペンス

ポスト『ダ・ヴィンチ・コード』はこれ! ドイツ・ミステリーの新機軸となる、傑作エンタテインメント! (下巻あらすじ) ドイツ東部ではライプツィヒの市庁舎が爆破され、ミラノでは「最後の晩餐」が破壊された。 インターネット上では「黄金比」をもつ画像を破壊するウイルスが世界に拡散され続けていた。 FBI本部に召喚されたミルナーは急遽、長官から、ロンドンのワイズウイルス社でコンピューターウイルスの調査をするよう命じられる。 一方、神経美学者のヘレンは、ワルシャワのパトリック・ワイズとともにマドリードへ向かった。 プラド美術館でワイズの父親とヘレンの娘は落ち合うと思われたが、現地でヘレンは、娘に遭う代わりに犯罪に巻き込まれる。 ヘレンはこの時期、ルーヴルの修復センターに招かれていた。 それを知っていた老ワイズが、娘を救う条件としてヘレンに突きつけたのは、きわめて困難かつ最悪の罪をヘレンが犯すことだった。 「黄金比が諸悪の根源なのだ」ーー事件の糸は紀元1500年のフィレンツェにつながっていた。 プラドとルーヴル、二つの美術館に収蔵された双子の「モナ・リザ」、そして「モナ・リザ」制作にまつわる衝撃の秘密が明かされる圧巻の下巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.7

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

3

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください