〔電子〕龍馬(三) 海軍篇

龍馬

津本 陽

2013年5月31日

KADOKAWA

682円(税込)

小説・エッセイ

勝麟太郎の口添えで、龍馬は脱藩の罪を許された。外国と対抗するためには、諸藩の力を糾合した日本国の艦隊が必要と考える勝は、文久三年、将軍・徳川家茂に直訴し、神戸に海軍繰練所を設立する。航海術を学び、世界との貿易を夢みる龍馬は、前途有為の若者たちが攘夷運動に命を捨てていくのを座視できず、塾生募集に奔走する。京都では、八月十八日の政変で尊王攘夷派が一掃され、土佐でも勤王党への弾圧が始まっていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください