〔電子〕壺霊 上

「浅見光彦」シリーズ

内田 康夫

2013年1月24日

KADOKAWA

638円(税込)

ミステリー・サスペンス

浅見光彦に錦秋の京都での取材が舞い込んだ。長期滞在で内容はグルメレポートという好条件に警戒する浅見を待っていたのは、老舗骨董店の娘・伊丹千寿。高麗青磁の壺〈紫式部〉を手に失踪した母・佳奈を捜してほしいと懇願する。残された手がかり、縁切り神社といわれる安井金比羅宮の形代には、佳奈の離縁を祈願する内容に、見知らぬ女の名前が添えられていたーー。怨念の連鎖を浅見は断ち切れるのか。名探偵が古都の謎を巡る!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.55

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください