〔電子〕図解 アップル早わかり

大谷 和利

2014年2月27日

KADOKAWA

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職

2012年10月5日で、ジョブズが死去して1年が経過しました。この1年の間にも、アップルの企業としての勢いは衰えることを知らず、2012年8月には、マイクロソフトの記録を抜き、史上最高の時価総額を記録しています。本書では、これまで「ジョブズのカリスマ性」だけでなく、なかなか取り上げられてこなかった「企業としてのアップルの強み」に焦点をあてました。●なぜアップル製品は、マネされても強いのか?●アップル社とAKB48に共通の戦略とは?●なぜ完全な秘密主義を貫き通すのか?など、世界一企業の強みを完全分析した一冊です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください