〔電子〕座敷童子の代理人4

座敷童子の代理人

仁科 裕貴

2016年12月22日

KADOKAWA

715円(税込)

小説・エッセイ

季節は秋。紅に染まる遠野で新たなトラブルの予感!? 旅館舞台の映画撮影にあわせて、「迷家荘」に住み込みで働き始めた新人女優・舞原玲奈。人を引きつける不思議な魅力を持った彼女は、大きな謎も持っていた。それは、かつて数多くの鬼を部下に従え、鬼の頭領とまで謳われた有名な鬼・酒呑童子に呪われ、取り憑かれていることである。なぜ、鬼の王が一人の女性に取り憑いているのか? 鬼の呪いとは? 座敷童子コンビが挑む謎は、秋と同様に一層深まってしまうようで……。一方、玲奈が現れたことで、司貴と和紗との関係にも変化が訪れ……る!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

2

既読

0

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください