〔電子〕クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(4)

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間

桐刻 / うなさか

2017年6月16日

KADOKAWA

399円(税込)

ライトノベル

穏やかな春の日常。俺、比良克樹(ひらかつき)は麻友(まゆ)のために印刷会社で働き始めた。しかし同人誌の原稿チェックをするたびに性欲は募るばかり。とうとう麻友の黒ストッキング姿に欲情して足でしごいてもらうように頼み込んでしまう。だけど麻友の機嫌を取ろうと弁当を買いに出かけた俺は、黒ストッキングのことばかりを考えるあまりに迫るトラックに気づけなかった──。 「麻友こそ俺の天使、いや、女神だと言っても過言じゃない。美しいよ、麻友」「な、な、な、なに言ってるんですか!」事故により王子様のような性格になってしまった克樹。いつもの面倒くさがりはどこに行ったのか、炊事に掃除まで完璧にこなしてしまう異常事態に麻友はあたふた戸惑うばかり。そして克樹は宣言する。「もう麻友にえっちなことなんてしない」変わってしまった克樹に、もどかしさを抱いてしまう麻友。すれ違った想いの行方は……?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

56

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください