〔電子〕東大が調べてわかった 衰えない人の生活習慣

飯島 勝矢

2018年3月1日

KADOKAWA

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

東大の調査でわかった、ふくらはぎが細すぎると全身の筋力が衰えているという衝撃の事実!フレイルは「筋力」「認知力」「社会性」が低下した状態。お口のささいな衰えやたんぱく質の絶対量不足に気をつけろ!「1日3食、きちんと食べているのに、ダルい」「最近、むせやすくなった」「食べこぼしが多くなった」…こんなことが【フレイル】の兆し。【フレイル】とは、「筋力」「認知力」「社会性」がからみあって低下し、寝たきりにつながっていく状態のこと。東大が「人はどこから、どのように老いていくのか」を徹底的に追跡調査した結果、「フレイル・チェック」というセルフチェックと予防をかねたメソッドが生まれました。今、新型栄養失調にかかっている人は、70歳以上の人の6人に1人といわれています。たんぱく質摂取の絶対量不足と、お口のささいな衰えがその入り口。それにより、全身の筋肉量が激減していくのです。あなたの今の体内の筋肉量が、たった5秒、自分でふくらはぎを測ることでわかる[指輪っかテスト」も掲載。ぜひ試してみてください。フレイルは、早く気づけば、健康な状態に戻れるのですから。また、巻末付録は、1日どのぐらいたんぱく質をとっているのかが、ひと目でわかるオールカラーの427品目「たんぱく質量データ事典」。最新のエビデンスにもとづきながら、見ればわかる! ムズカシイこと抜き!本書は、超高齢社会に向けた、まったく新しい、健康バイブルです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください