〔電子〕わが家は祇園の拝み屋さん10 黄昏時に浮かぶ影

わが家は祇園の拝み屋さん

望月 麻衣

2019年3月23日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ

東京の波動を下げようと企んでいたのは、小春も知る人物だった。行方をくらませた彼を追うため、小春と澪人は関東本部と協力して、彼の過去を調査しつつ、東京の結界の補強をすることに。神社を回る中で、小春たちは強い霊力を持つ不思議な少年と出会う。その頃、京都に残る由里子は朔也への想いが抑えきれなくなり、ついに告白することを決心するーー。危険な誘惑と恋の嵐が吹き荒れる、波瀾万丈のシリーズ第10弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

1

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください