〔電子〕ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯

小倉 孝保

2020年6月26日

KADOKAWA

2,420円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

サダト、ムバラク、フセイン一族ーー政官中枢に近づき暗躍した空手家がいた中東で秘密警察や政府要人に空手を指導、外国製品の闇ルート販売とカジノ経営に乗り出す。命運を賭したビジネスがイラク戦争開戦により頓挫した男は、ナイルに散った……。200万人に及ぶ“空手の種”を撒いたその光と闇の濃い人生を描くノンフィクション!1970年、映画「アラビアのロレンス」に憧れシリアに向かった岡本秀樹。空手の稽古を通じて、アラブ民族に自立への誇りと現地の活気をもたらしていく。稽古を通じ築いた政官中枢との人脈を生かしエジプト、イラクでビジネスに挑むが、イラク戦争勃発により計画は暗礁に乗り上げる。すべてを失った彼が、たどり着いた場所とはーー。 日本の外務省に徹底的に嫌われながら、灼熱の地でアラブ民族に“自立の精神”を刻んだ男ーー構想十八年、国際ジャーナリストが満を持して贈る!序章   「オカモト」が生まれた日第一章 取材ビザを求めて(イラク前編)第二章 空手との出会い(日本編)第三章 中東の空手家(シリア・レバノン編)第四章 闇商売に堕ちる(エジプト編)第五章 最後の賭け(イラク後編)終章   岡本が遺したもの

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください