〔電子〕翔ぶが如く(十)

翔ぶが如く

司馬遼太郎

2014年12月12日

文藝春秋

703円(税込)

小説・エッセイ

薩軍は各地を転戦の末、鹿児島へ戻った。城山に立て籠る兵は三百余人。包囲する七万の政府軍は九月二十四日払暁、総攻撃を開始する。午前七時すぎ、西郷隆盛は二発の小銃弾を体に受ける。一度倒れ、起き上がった西郷は、薩軍幹部・別府晋介をかえりみて言った。「晋ドンーー」。そしてその翌年、大久保利通もまたーー。激動の時代、ここに終熄。『翔ぶが如く』完結巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください