〔電子〕新参者 新・秋山久蔵御用控(五)

新・秋山久蔵御用控

藤井邦夫

2019年8月6日

文藝春秋

763円(税込)

小説・エッセイ

全30巻で完結した「秋山久蔵御用控」シリーズの第2シーズン。 好評シリーズ、はやくも第5弾! 旗本の屋敷を訪ねた柳河藩士と小者が、その帰りに斬殺された。物盗りの仕業ではなく、辻斬りか遺恨と思われた。 だがなぜか、柳河藩は下手人を探さず、この件を闇に葬ろうとしているようだった。 一方、ふたりが訪ねた旗本の黒崎は、書画骨董に目がない好事家だが、狙ったものを手に入れるためにはどんな手も使うと噂されていた。 その黒崎家には、若いが相当な剣の遣い手の北島隼人という新参者の武士がいた。 はたして北島隼人が闇討ちの下手人なのか、そして柳河藩はなぜ事件を闇に葬ろうとしたのかーー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください