〔電子〕Iの悲劇

米澤穂信

2019年9月26日

文藝春秋

1,400円(税込)

ミステリー・サスペンス

一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。 『満願』『王とサーカス』で史上初の二年連続ミステリランキング三冠を達成した著者が放つミステリ悲喜劇! 山あいの小さな集落、簑石。 六年前に滅びたこの場所に人を呼び戻すため、Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。 業務にあたるのは簑石地区を擁する、南はかま市「甦り課」の三人。 人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香。 出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和。 とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣。 彼らが向き合うことになったのは、一癖ある「移住者」たちと、彼らの間で次々と発生する「謎」だったーー。 徐々に明らかになる、限界集落の「現実」、そして静かに待ち受ける「衝撃」!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

10

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください