〔電子〕日本経済を創造的に破壊せよ!

衰退と再生を分かつこれから10年の経済戦略

伊藤元重

2013年3月25日

ダイヤモンド社

1,320円(税込)

ビジネス・経済・就職

★★「アベノミクス」が目指すべき経済戦略を提言!★★ 安倍政権のスタート以来、株価上昇、円安進行と、 日本経済にようやく光がさしてきたようです。 しかし、それはまだ期待によるものにすぎず、 経済の実体はいまだ多くの危機にさらされています。 また、リーマン・ショック、欧州危機などを経て 世界経済は明らかに不安定な時代に突入しました。 こうした状況下で、日本経済が真に回復するために必要な戦略とは何でしょう? 安倍政権の経済財政諮問会議議員をつとめる著者・伊藤元重教授は、 日本の場合は抱える問題点がかなり明確なため、 それを克服すれば危機を脱することは十分に可能だと言います。 そして、 「経済を短期的に見通すのは至難の業だが、 長期で見れば正解を導くのは決して難しくない。 少子高齢化、グローバル化、IT化の進展といった長期的トレンドを所与とすれば、 いま取るべき戦略は自ずと明らかだ」 と主張するのです。 本書ではこうした基本認識のもと現状の問題点を分析し、 10?20年後の日本経済を活性化する戦略を提示します。 その際のキーワードは「創造的破壊」。 既得権に守られた古い構造を破壊し、時代に合った新たな仕組みの創造が不可欠だとします。 それは、けっして悲観的でなく、日本経済の未来を楽観的に見据えた「創造的破壊論」です。 目先の為替や株価に一喜一憂するだけでなく、 将来の日本が活性化するために、いまどのような経済戦略を実現すべきか──。 本書では、そのことを真摯に追求しています。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください