〔電子〕セブンス 7

セブンス

三嶋 与夢

2018年9月7日

主婦の友社

493円(税込)

小説・エッセイ

妹と再会!? パーティー解散の危機!? 国を傾ける『邪神の子』のおぞましい力が明かされる! ここから始まる第「7」巻! 王宮貴族の企みを潰しグリフォンを討伐したライエルたちは、 事実が隠されることがないように、先んじて王都に噂を広めていた。 王宮貴族たちはサークライ家に責任を押し付け、 追い詰められたラルフは、グリフォンの死体を引き渡すようにライエルを呼びつける。 ライエルは「成長」の影響でハイテンションになっている真っ最中だったが、 交渉は想定どおりに進み、ラルフから大金を巻き上げることに成功する。 一方、街で情報を集めていると、王太子が隣国の姫との婚約を破棄したという噂を耳にする。 しかし、王都の住民は何故かそのことに違和感を抱いておらず、平穏そのもの。 王都に漂う嫌な雰囲気を警戒していたライエルは、 婚約破棄された姫君・リアーヌに会い、この国の異常の原因を語られる。 リアーヌが挙げたのは、ライエルの因縁の相手。 ライエルを屋敷から追い出した妹・セレスの存在だったーー。 三嶋 与夢(みしまよむ):鹿児島県在住。 著作に「ドラグーン 〜竜騎士への道〜」「脇役勇者は光り輝け」(共に、わい名義)。 ともぞ:イラストレーター、漫画家。 主なラノベ作品に「鑑定使いの冒険者」「鑑定能力で調合師になります」(共にヒーロー文庫)など。 主な漫画作品に「雛見沢停留所 〜ひぐらしのなく頃に原典〜」など。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください