〔電子〕ドストエフスキー 父殺しの文学 (上)

NHKブックス

亀山郁夫

2014年4月11日

NHK出版

838円(税込)

人文・思想・社会

父ー皇帝ー神の殺害をめぐる、原罪の物語 世界変革の夢、死刑判決、特赦、シベリア流刑とうち続く辛酸を強いられたユートピア主義者。ロシアの民に神を見つめ、世界の救済をキリストと「子」への信仰に見出す晩年。「父=皇帝=神殺し」の欲望と原罪意識との凄絶な闘いから生まれた魂の文学。その深層に迫る。 [目次] 第1部 若き魂の刻印(楽園追放/引き裂かれた夢想家/回心、神をはらめる民/地下室の誕生) 第2部 聖なる徴のもとに(観念という狂気/聖なるものの運命)

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください