〔電子〕幼年期の終り

アーサー・C・クラーク / 福島正実

2009年12月15日

早川書房

715円(税込)

小説・エッセイ

異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は?巨匠が異星人とのファースト・コンタクトによって新たな道を歩みはじめる人類の姿を描きあげた傑作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.93

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

5

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

しき

幼年期の終わり

starstarstar
star
3.8 2020年04月21日

SF好きなのに古典SFを意外と読んでおらず、手に取ってみた。古臭さを感じさせない。地球外生命体(生命体と書くのも憚られるが・・・)とのコンタクト、そして最終的に地球が向かう方向が面白かった。タイトルも良い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください