〔電子〕経済がわかる 論点50 2016

みずほ総合研究所

2015年11月13日

東洋経済新報社

1,408円(税込)

ビジネス・経済・就職

日本有数のシンクタンク・みずほ総合研究所のエコノミストの選んだ50の論点を読むだけで、2016年の国内外の経済の重要な動きを先読みできる一冊です。 50の論点の構成は、「日本経済」「海外経済」「金融・マーケット」「制度・政策」「ビジネス・社会」(第2部の各章)ごとに10の論点を解説します。 「消費再増税と軽減税率はどうなる」「米国景気は回復、それとも長期停滞」「中国経済はソフトランディングできるか」といった定番の国内外経済の見通しはもちろん、「日経平均は20年ぶりに2万2000円を超えるか」「日米の金融緩和政策の出口はどうなる」「円安トレンド・超低金利・原油安はいつまでまだ続くのか」といった金融・マーケットのトピック、「マイナンバー導入で何が変わるのか」「被用者保険の適用拡大」「女性活躍推進法」などの制度の解説、さらには「インバウンド観光」「ビッグデータ」「格差問題」など、読む方の生活に密接した話題について網羅します。 読む方に、理解するように努めて読ませるのでなく、コンパクトな解説と図表を駆使して読めば頭に入るようにと、読みやすさを工夫しています。 一方で、好評を得ている、ワールドビジネスサテライトのコメンテーターも務める高田創チーフエコノミストによる、プロにとっても読みごたえのある、2016年の国内外の経済を包括して理解できるストリーライン「けん引が交代する「端境期」を迎えた世界経済ーー発想の転換が求められる日本経済」を第1部で提供します。 【主な内容】 はじめに 教科書にない世界を読み解く 第1部 チーフエコノミスト 高田創の視点           けん引役が交代する「端境期」を迎えた世界経済 第2部 2016年の経済がわかる50の論点      第1章 日本経済がわかる10の論点            COLUMN 気になる経済統計データ(その1)      第2章 海外経済がわかる10の論点           COLUMN 気になる経済統計データ(その2)      第3章 金融・マーケットがわかる10の論点           COLUMN 気になる経済統計データ(その3)           第4章 制度・政策がわかる10の論点           COLUMN 気になる経済統計データ(その4)      第5章 ビジネス・社会がわかる10の論点           COLUMN 気になる経済統計データ(その5)

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください