〔電子〕最後の資本主義

ロバート・B・ライシュ

2016年12月2日

東洋経済新報社

2,420円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会 / ノンフィクション

 ライシュの提案する、新しい資本主義の形。政府か市場か、の二者択一ではなく、市場メカニズムの根幹となる市場のルールを見直すことで、資本主義を壊すことなく、サステナブルな資本主義を構築できる。  市場メカニズムのルール自体が、勝者だけが勝ち続け、富が一方的に上方に移動するような仕組みになっている。ここにメスを入れずして、ゲーム終了時の所得再分配の率だけを議論しても意味がない。ルールそのものを、そして資本主義そのものを、一部の勝者のためだけに利するものではなく、大勢の人が生き残っていけるようなものにしていこう。  このままでは、人間の働くことの価値はますます小さくなり、稼ぐことのできるものは資本のみとなってしまう。技術が発達し、ロボットがどんなにすばらしい財・サービスを提供できても、それを買うことのできる層は消滅する。そしてロボットが代替するのは単純労働だけではないのだ。頭脳労働でさえも、ロボットにとって代わられる時代が来ている。  今こそ、新しいルールの下で資本主義を立て直さなければならない。そうでないと、資本主義はその土台部分から壊れてしまう。 【主な内容】 はじめに 第1部 自由市場  第1章 支配的な見方/第2章 資本主義の五つの構成要素/第3章 自由と権力/第4章 新しい時代の所有権/第5章 新しい時代の独占の形/第6章 新しい時代の契約の形/第7章 新しい時代の倒産の形/第8章 執行のメカニズム/第9章 まとめーー市場メカニズム全般 第2部 労働と価値  第10章 能力主義という神話/第11章 CEO報酬の隠れた仕組み/第12章 ウォール街の高額報酬のカラクリ/第13章 弱まる中間層の交渉力/第14章 ワーキング・プアの台頭/第15章 働かないお金持ちの台頭 第3部 拮抗勢力  第16章 ここまでのまとめ/第17章 資本主義に対する脅威/第18章 拮抗力の衰退/第19章 拮抗力を取り戻せ/第20章 下位層から上位層への「事前配分」に終止符を打つ/第21章 企業を改革する/第22章 ロボットが取って代わるとき/第23章 市民の遺産/第24章 新しいルール 謝辞 訳者あとがき

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください