〔電子〕入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法

細谷功

2019年7月26日

東洋経済新報社

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職

シリーズ累計25万部のロングセラー『地頭力を鍛える』著者が説く 戦略的思考、ロジカルシンキング、地頭力、無知の知、メタ認知・・・・・・ 32のキーワードの基本と使い方、 【WHAT:何?】【WHY:なぜ?】【HOW:どう使う?】 がすっきりわかる。 【主要目次】 Chapter1 基本の思考法を押さえる 戦略的思考:いかに並ばずに人気のラーメンを食べるか? ロジカルシンキング:誰が見ても話がつながっているか? 仮説思考:プロジェクトは「最終報告」から考える フレームワーク:良くも悪くも「型にはめる」 Chapter2 二項対立で考える 二項対立:二者択一はデジタル的、二項対立はアナログ的 因果と相関:雨が降れば傘が売れるが、傘が売れても雨が降るわけではない 演繹と帰納:「そう決まっているから?」「多くがそうだから?」 発散と収束:「落としどころありき」の思考停止はいけない Chapter3 コンサルタントのツール箱 ファクトベース:「みんな言ってる」って、誰がいつ言ったのか? MECE:マッキンゼー流の十八番 ロジックツリー:「形から入る」ことで論理が身に付く Chapter4 AI(人工知能)vs.地頭力 地頭力:結論から、全体から、単純に考える 問題発見と問題解決:なぜ優等生は問題発見ができないのか? AI(人工知能):何ができて、何ができないのか? Chapter5 「無知の知」からすべては始まる 無知の知:自分を賢いと思ったらゲームオーバー 知的好奇心:地頭力のベース、考えることの原動力となる 能動性:「育てる」ではなく「育つ」 常識の打破:「常識に従う」ことで思考停止に陥ってはいけない 【主な内容】 Chapter1 基本の思考法を押さえる  戦略的思考:いかに並ばずに人気のラーメンを食べるか?  ロジカルシンキング:誰が見ても話がつながっているか?  仮説思考:プロジェクトは「最終報告」から考える  フレームワーク:良くも悪くも「型にはめる」  具体と抽象:思考とは「具体→抽象→具体」の往復運動 「なぜ?」:なぜ「Why?」だけが特別なのか?  アナロジー思考:アイデアは遠くから借りてくる Chapter2 二項対立で考える   二項対立:二者択一はデジタル的、二項対立はアナログ的  因果と相関:雨が降れば傘が売れるが、傘が売れても雨が降るわけではない  演繹と帰納:「そう決まっているから」なのか?「多くがそうだから」なのか?  発散と収束:「落としどころありき」の思考停止に陥ってはいけない  論理と直観:「論理」で守り、「直観」で攻める  論理と感情:できるビジネスパーソンは「使い分け」がうまい  川上と川下:「自ら考える力」は使いどころを見極める Chapter3 コンサルタントのツール箱  ファクトベース:「みんな言ってる」って、誰がいつ言ったのか?  MECE:マッキンゼー流の十八番  ロジックツリー:「形から入る」ことで論理が身に付く  2×2マトリックス:コンサルタントが好きな4象限マッピング  フェルミ推定:なぜコンサル、外資系金融の面接試験の定番なのか? Chapter4 AI(人工知能)vs. 地頭力  地頭力:結論から、全体から、単純に考える  問題発見と問題解決:なぜ優等生は問題発見ができないのか?  AI(人工知能):何ができて、何ができないのか?  ビジネスモデル:「何を売っているか」ではなく「収益の上げ方」のパターン  多様性:思考回路の転換と「ニワトリと卵」の関係  未来予測:アマゾンは書店の代替ではない、と気づいたか? Chapter5 「無知の知」からすべては始まる  無知の知:自分を賢いと思ったらゲームオーバー  知的好奇心:地頭力のベース、考えることの原動力となる  能動性:「育てる」ではなく「育つ」  常識の打破:「常識に従う」ことで思考停止に陥ってはいけない 「疑う」こと:「信じてはいけない」(この本に書いてあることも)  認知バイアス:人間の目は曇っている  メタ認知:気づくためには上から自分を見る

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください