〔電子〕<サピエンティア>国際金融

小川英治;岡野衛士

2016年4月22日

東洋経済新報社

2,772円(税込)

ビジネス・経済・就職

本書は、実際に起こった国際金融の出来事をふまえて、その発生メカニズムを考察・理解するために必要となる理論的フレームワークを提示しようとするものである。  現実に起こった出来事を考察する際に必要な理論的フレームワークとは、この場合、国際金融論および為替相場決定論である。本書ではこれらの理論的フレームワークをまず丁寧に解説する。また各章のコラムでは、その理論的フレームワークを使って分析すべきホットイシュー、「増加を続ける中国の外貨準備問題」、「米国の財政赤字や経常収支赤字の問題」、「ギリシャのユーロ圏離脱に関する議論」、「ビットコイン」などといったテーマについて考察を加えている。  グローバル化経済を本当の意味で「読み解く」理論を丁寧に解説しており、マクロ経済学、ミクロ経済学を一通り終えた後に読むには最適の書。 【主な内容】 第1章 国際収支と為替相場 第2章 経常収支と国際貸借 第3章 国際経済におけるマクロ経済政策 第4章 国際金融のトリレンマ 第5章 マクロ経済政策の国際協調 第6章 為替相場の決定要因 第7章 為替相場決定モデル 第8章 為替介入と外貨準備 第9章 通貨統合と最適通貨圏の理論 第10章 国際通貨体制 第11章 通貨危機の類型とその応用 第12章 国際金融アーキテクチャー

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください