〔電子〕50歳からのおカネ

週刊東洋経済eビジネス新書no.199

2017年3月24日

東洋経済新報社

220円(税込)

ビジネス・経済・就職

50歳といえば、会社勤めのゴールまであと10年。だが、退職後に直面するのは、「おカネが足りない」という現実だ。平均余命を考えると、60歳からあと30年程度のおカネの問題を考えてみたい。ポイントは長く働き、生活資金を見直しながら資金運用を組み込むといった3点。あなたはどのようなシナリオを作れますか? 本誌は『週刊東洋経済』2016年11月5日号掲載の22ページ分を電子化したものです。 【主な内容】 1億円でも足りない! 50代は仕事と運用の両立目指せ! 【1時間目】50歳から考えるおカネのこと 【2時間目】最低必要額は1億円 老後資金対策の超基本 【3時間目】人生は95歳まで続く 逆算で老後に備えよ 50代の初心者に最適! 株式投資・投信運用6つの鉄則 【補講】早まってはいけない! 早期退職は悪夢の入り口 金融庁も警鐘を鳴らす 危険な金融商品の実態 初心者も信用取引に誘導される ネット証券の落とし穴 熟年離婚で生活は奈落の底へ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください