〔電子〕「子なし」の真実

週刊東洋経済eビジネス新書No.186

2016年12月5日

東洋経済新報社

220円(税込)

ビジネス・経済・就職

 子どもを持つ、持たないの選択は本来、おのおのの夫婦に委ねられるべきもの。しかし「子どもはまだ?」、その一言に傷つく夫婦は少なくない。パタニティハラスメントなど男性にかかわる問題も。さらに経済的理由などから、持ちたくても持てない現実も無視できない。職場でも、時短や休日出勤などで子育て配慮とのバランスに苦慮する姿もある。自身と子ども、社会との関係をあらためて見つめ直す。本誌は『週刊東洋経済』2016年7月9日号掲載の22ページ分を電子化したものです。 【主な内容】 子がいないことは罪なのかアンケートに見る心痛と苦悩・子どもは欲しいですか?男性の育休を阻む「パタハラ」の恐怖資生堂ショックが問う…子育て優遇の是非子どもがいないシニアの現実【INTERVIEW】作家・下重暁子…産まない選択を自分で引き受けた

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください