〔電子〕RPA革命の衝撃

大角暢之

2017年1月20日

東洋経済新報社

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職

「10年後、ホワイトカラーの47%の仕事がなくなる?」現在、IoT・ビックデータ・人工知能(AI)等の最新テクノロジーが引き起こす「第4次産業革命」によって、多くの仕事がなくなることが示唆されています。しかし、機械・ソフトウェアと共存し、人にしかできない職業に労働力を移動させることにより、人は仕事を失わず、新たな雇用を創出することが可能となります。この中核技術として注目を集めているが、ホワイトカラーの仕事の生産性を画期的に改善するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:Robotic Process Automation)。本書では、欧米に端を発し、世界経済に大きなインパクトを与えることが予想されるRPAのインパクトと活用事例を紹介。RPAという技術の解説から、RPAによる業務改善事例、企業経営・組織運営に与える影響まで、1冊でその全てを網羅します。また、欧米とは別に独自の進化を遂げることが予想される日本型RPAの将来像が語られる点は必読です。【主な内容】RPAは日本の産業界を救うかもしれないーーまえがきに代えてプロローグ 第1章 RPAとはなにか?第2章 欧米で進むRPA革命最前線第3章 RPAによって企業はどう変わるか第4章 RPA導入の実際とポイント第5章 RPA革命で変わる業界ーーそのケースメソッド第6章 進化し、活用の場を広げるRPA第7章 日本型RPAの未来刊行に寄せて

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.9

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください