〔電子〕あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか?

仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

大木真吾

2014年9月24日

日経BP社

1,650円(税込)

ビジネス・経済・就職

いつもと違う事象が起こった時、そこには必ず何らかの因果が存在します。思わぬヒット商品が生まれた時には、マスメディアが後追いで、この因果を解説してくれるが、もしも、これを事前に把握していたら、どうだろう。次に何が売れるのか、次にどこで売れるのか、次に誰が買うのかーーー。こうしたことをいち早く予測できるようになります。本書は、データ分析の結果をいかにして効果のあるアクションへと変換するべきかについて、マーケティング支援の立場から経験を積み重ねて来た著者が、着眼点やコツを分かりやすく解説します。データ活用の重要性は分かっているけれど数式は苦手、データはあるけど思うような成果が出ない、といった方にもぜひお読みいただきたい一冊です。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください