〔電子〕野望(下)

信濃戦雲録

井沢元彦

2016年7月29日

祥伝社

814円(税込)

小説・エッセイ

「戦(いくさ)とは本来算術、損得でやるもんじゃ。じゃが、景虎は違う。おのれの大義に従って兵を進めるのが景虎の真骨頂……」二強の今川・北条両家と同盟を結ぶなど、さまざまに策を弄してきた隻眼・機略縦横の名軍師・山本勘助。雌雄を決する川中島の合戦を控え、武田晴信(信玄)最大の敵・長尾景虎(上杉謙信)に、軍師の冷徹な分析がいよいよ冴える。山本勘助に見出され武田家に随身した、真田幸村の祖父・幸隆も大活躍。有名な“敵に塩を送る”の故事が生まれた背景として描かれる独自解釈のエピソードには、誰もが思わず納得。『言霊(ことだま)』『逆説の日本史』の著者が描く、名軍師・山本勘助と武田信玄の絆を描く傑作歴史巨編、第一部完結!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください