〔電子〕覇者(下)

信濃戦雲録

井沢元彦

2016年8月19日

祥伝社

792円(税込)

小説・エッセイ

勇猛・勝頼vs.冷厳・信長。 欲、慢心、疑心、嫉妬、執着…一点の心の曇りが勝敗を分けた! 破竹の勢いの織田信長を阻止するため、武田勝頼は石山本願寺法主・顕如、さらに西国の太守・毛利家と手を結ぶべきであった。しかし勝頼は信玄の遺言を無視し、亡き勘助の側近さえも退けてただ邁進する。長篠城の攻防、設楽ヶ原の決戦の勝敗を分けたものは何だったのか? そして、帝に退位を迫り神仏をも畏れない織田信長が明智光秀に本能寺の変を決意させた所業、さらには上杉景勝の軍師・直江兼続が武田勝頼から対織田決戦への「援軍不要」の言質を取る“神算鬼謀”ぶりが大胆に描かれる。戦国の武将たちを突き動かす欲望、嫉妬など人間の業を鮮やかに浮かび上がらせる傑作!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください