〔電子〕シビックテックイノベーション

行動する市民エンジニアが社会を変える

#xtech-books(NextPublishing)

松崎 太亮

2017年10月6日

インプレスR&D

1,650円(税込)

人文・思想・社会 / PC・システム開発

ICT(情報通信技術)やデータを駆使してコミュニティを作り、市民の目線で地域や社会の課題解決に取り組むシビックテック。ITスキルを持ち、オンラインコミュニティを使いこなすエンジニアを中心にした草の根的社会活動を、地方行政に携わる著者が取材し、全く新しいデジタル時代の「公民」像を解説します。地域活性化、社会イノベーションにIT人材の必要性をはじめとする新しい視点を提供する一冊です。 【目次】 Chapter1 日本のコンピューターサイエンス教育が変わる 1-1 CoderDojo 1-2 Django Girls Japan 1-3 変わるコンピューターサイエンス教育 Chapter2 時代が求めるシビックテック 2-0 第2章の冒頭にあたって 2-1 シビックテックとは 2-2 シビックテック活動の対象による分類 2-3 シビックテックの活動内容による分類 2-4 地域コミュニティの課題解決をめざす活動 2-5 IT力の向上をめざす活動 2-6 社会課題の解決が期待される活動 2-7 行政との協働 Chapter3 日本のシビックテックイノベーション 3-1 「ともに考え、ともに作る」 3-2 組織の壁を越えて働ける越境人材作り 3-3 CfJのオープン戦略とその成果 Chapter4  米国におけるシビックテックイノベーション 4-1 サンフランシスコ市役所を変えたCode for America 4-2 CfAのミッション 4-3 CfAの事業 Chapter5 ヒト・モノ・コトを発火せよ 5-1 シビックテックが変える3要素 5-2 シビックテックが仕かける発火点 5-3 「ヒト」を発火する 5-4 「モノ」を発火する 5-5 「コト」を発火する Chapter6 シビックテックイノベーションを興すエコシステムとは 6-1 課題1:「誰がシビックテックから利益を得るか?」 6-2 課題2:運営資金の確保と人材育成 6-3 課題3:Gov Tech市場と新たなインキュベーター 6-4 課題4:社会的認知の拡大ーポジションニングー 6-5 課題5:シビックテックを取り巻く環境の日米比較 Chapter7 Public(Private)& CivicTech Partnershipの実現に向けて 7-1 政策形成内容とプロセスのイノベーション 7-2 Public & Civic Tech Partnership 7-3 公開データやAPIの標準化 7-4 自治体における調達の改革 7-5 シビックテック次の10年

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください