〔電子〕セカイからもっと近くに

現実から切り離された文学の諸問題

東浩紀

2013年12月10日

東京創元社

1,153円(税込)

人文・思想・社会

想像力と現実が切り離されてしまった時代に、文学には何ができるだろう。ライトノベル・ミステリ・アニメ・SF、異なるジャンルの作家たちは、遠く離れてしまった創作と現実をどのように繋ぎあわせようとしていたのだろうか。新井素子、法月綸太郎、押井守、小松左京ーー四人の作家がそれぞれの方法で試みた、虚構と現実の再縫合。彼らの作品に残された現実の痕跡を辿りながら、文学の可能性を探究する。著者最初にして最後の、まったく新しい文芸評論。 目次 はじめに 第一章 新井素子と家族の問題 第二章 法月綸太郎と恋愛の問題 第三章 押井守とループの問題 第四章 小松左京と未来の問題 参照文献

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください