〔電子〕いなか、の、じけん

夢野 久作

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

1927(昭和2)年7月号の『探偵趣味』から、1930(昭和5)年1月号の『猟奇』にかけて、両誌に断続的に発表された、田舎の事件簿。連載一回目の作品末尾に付された「いなか、の、じけん 備考」には、「みんな、私の郷里、北九州の某地方の出来事で、私が見聞致しましたことばかりです。五六行程の豆記事として新聞に載ったのもありますが、間の抜けたところが、却って都に住む方々の興味を惹くかも知れぬと存じまして、記憶しているだけ書いてみました。場所の事もありますので、場所と名前を抜きにいたしましたことをお許し下さい。」とある。[文字遣い種別]新字新仮名[底本]夢野久作全集4[出版社]ちくま文庫、筑摩書房[初版発行日]1992(平成4)年9月24日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください