〔電子〕柵草紙の山房論文

森 鴎外

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

鴎外が創刊した文芸評論の専門誌「しがらみ草紙」に発表された六篇の論文をまとめたもの。坪内逍遥とのいわゆる「没理想論争」の過程で書かれた。「没理想論争」とは、逍遥がシェークスピアの偉大さを「没理想=作者の理想や主観を排し、事象を客観的に描くこと」にあるとした見解を、「芸術は美的な理想を表現するもの」とする鴎外が批判したことに始まる論争である。(土屋隆)[文字遣い種別]旧字旧仮名[底本]森鴎外全集第七卷[出版社]筑摩書房[初版発行日]1971(昭和46)年8月5日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください