〔電子〕逆徒

平出 修

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

大逆事件の裁判を素材とした作品で、「太陽」1913(大正2)年9月号に発表するが発禁処分を受ける。「秋山亨一」は幸徳秋水、「真野すゞ子」は菅野すががモデルである。「若き弁護士」として即断の裁判へ厳しい批判を展開する。(林幸雄)[文字遣い種別]新字旧仮名[底本]定本 平出修集[出版社]春秋社[初版発行日]1965(昭和40)年6月15日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください