〔電子〕「沈黙」の話

豊島 与志雄

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

 この作品を含む以下の38作品は、「書かれざる作品」(白水社、1933(昭和 8)年9月発行)が初収録単行本である。他には以下の作品が収録されている。 大正14年から昭和8年にかけて書かれた作品を集めた単行本である。(門田裕志) 「ナポレオンの遺書」 「霊気」 「逢魔の刻」 「鴨猟」 「同感」 「「自然」」 「樹を愛する心」 「美醜」 「夢」 「条件反射」 「「沈黙」の話」 「奇怪な話」 「話の屑籠」 「愉快な話」 「舞踏病」 「猫」 「蜘蛛」 「鯉」 「初秋海浜記」 「表現論随筆」 「川端柳」 「地水火風空」 「エスキス」 「球体派」 「情意の干満」 「書かれざる作品」 「父母に対する私情」 「父と子供たち」 「交遊断片」 「傍人の言」 「異邦人の意欲」 「意欲の窒息」 「性格を求む」 「性格批判の問題」 「文学以前」 「文学の曇天」 「自由主義私見」 「後記」※公開に至っていない場合は、リンクが機能しません。[文字遣い種別]新字新仮名[底本]豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)[出版社]未来社[初版発行日]1967(昭和42)年11月10日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください