〔電子〕椿の花の赤

豊島 与志雄

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

 この作品を含む以下の14作品は、「文学母胎」(河出書房、1939(昭和 14)年11月発行)が初収録単行本である。他には以下の作品が収録されてい る。「小説・随想・紀行文」の構成になっており、第一部は小説、第二部は文 学ノート、第三部は旅行記のような文学ノートである。(門田裕志)第一部 李永泰 「浅間噴火口」 「在学理由」 「椿の花の赤」 「鳶と柿と鶏」第二部 神話と青春との復活 「神話と青春との復活」 「高千穂に思う」 「文学以前」 「オランウータン」(この作品のみ初収録単行本は「オラン・ウータン」(野田書房、1927(昭和12)年4月発行))第三部 台湾の姿態 「台湾の姿態」 「北京・青島・村落」 「北支点描」 「中支生活者」 「上海の渋面」 「後記」※公開に至っていない場合は、リンクが機能しません。[文字遣い種別]新字新仮名[底本]豊島与志雄著作集 第四巻(小説4)[出版社]未来社[初版発行日]1965(昭和40)年6月25日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください