〔電子〕明治開化 安吾捕物

その八 時計館の秘密

坂口 安吾

2009年12月15日

青空文庫

0円(税込)

小説・エッセイ

「明治開化 安吾捕物」は、以下から構成されています。(雷太) 「読者への口上」 「その一 舞踏会殺人事件」 「その二 密室大犯罪」 「その三 魔教の怪」 「その四 ああ無情」 「その五 万引家族」 「その六 血を見る真珠」 「その七 石の下」 「その八 時計館の秘密」 「その九 覆面屋敷」 「その十 冷笑鬼」 「その十一 稲妻は見たり」 「その十二 愚妖」 「その十三 幻の塔」 「その十四 ロッテナム美人術」 「その十五 赤罠」 「その十六 家族は六人・目一ツ半」 「その十七 狼大明神」 「その十八 踊る時計」 「その十九 乞食男爵」 「その二十 トンビ男」[文字遣い種別]新字新仮名[底本]坂口安吾全集 10[出版社]筑摩書房[初版発行日]1998(平成10)年11月20日

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください